金銭面の条件

多くの不動産会社では買取りに応じてくれない借地権。売却できる借地権・底地取扱店があるだけでありがたいと思うものですが、せっかく売れるのであれば金銭面のメリットは大きいほうが嬉しいでしょう。金銭面で得をするには、どのような部分に注目して借地権・底地取扱店を選べばよいのでしょうか?

査定まず、査定額です。これは当然、高いに越したことはありません。できれば複数業者に依頼して、査定を受けたほうがよいでしょう。これをすることによって、どこが一番高額買取りをしてくれるのかということがわかります。また、査定は机上だけでなく借地権付き建物の所在地に担当者が直接行って状態などを調べる現地調査があります。この現地調査に費用が発生しなければ、最終的に自分が受け取れる金額が減ってしまうことがない分お得といえるでしょう。現地調査費用だけでなく、買取りに関わる手数料は何でも発生しないほうがお得です。

そのほか、中には少しでも早く売却額を手にしたいと希望している方もいるでしょう。いついつまでにこの金額が必要という、出費を控えている方もいるはずです。そのような方は、借地権・底地取扱店が直接買取りをしてくれて、さらにすぐに現金化してくれるところであれば安心でしょう。

地主との話し合い代行

相続した借地権の売却を実現させるためには、地主の承諾が不可欠です。快く応じてくれることもありますが、現実には拒まれてしまうことが珍しくありません。話が平行線になるだけでなく、感情的になって嫌なことをいわれたりいってしまったりして、心身ともにお互い疲れてしまうことにもなりかねないでしょう。

交渉借地権・底地取扱店によっては、地主との交渉を代わりに行なってくれます。地主の側にどのようないいことがあるかも含め、必要な情報はしっかり伝えつつ、売却希望の方と承諾をする地主の方がお互いに満足できるよう、動いてくれます。自力で交渉するための時間や手間がなく、また交渉は専門家が担当する形になることもあるため、話がうまくまとまる可能性も高いです。交渉してくれる借地権・底地取扱店が借地権の購入をすることになっていれば、裁判で承諾を得る買い手がいることの条件も満たすことができます。

なお、確認しておきたいこととして、借地権者の代わりに地主と交渉することに費用が発生するかどうかです。無料の場合はいいのですが、有料の場合は金額が納得のいくものかどうか確認しましょう。また、交渉がうまくいかなかった場合にはどうするのか、のちのトラブルを避けるためにも、責任の所在などははっきりさせておくに越したことはありませんc。

売却の可否

まず、肝心なのは買取りをしてくれる借地権・底地取扱店であるということです。仮に一社に断られてしまったとしても、諦めることなく売却できる業者を探しましょう。中には買取りのハードルを低くし、積極的に買っているところもあります。

家の老朽化たとえば、買取り条件が厳しいところの場合には、更地の状態にしたうえでなければ購入しないといった具合に、売却希望者にとって負担の大きい条件を設けていることが珍しくありません。これに対し、買取りのハードルが低い業者では、たとえば建物が古かったり傷んだりしていてコンディションが非常に悪いとしても、借家人がまだいるという状態にあっても、その状態のまま購入してくれることがあります。

ただ買取りに応じてくれるだけでなく、現状のまま購入してくれるというのはよい業者選びのポイントのひとつといえるでしょう。そして買ってもらえそうかどうかは、まずは借地権・底地買取店に相談してみることでわかります。その相談についても店舗のほか電話やメールがありますが、無料で行なえる業者もあります。こんな状態では買ってくれないだろうと自分では思っていても、案外買ってくれるということもありますので、気軽に一度相談してみるとよいでしょう。

【関連サイト】
借地権 買取り
(借地権の売買について無料相談できる業者のホームページです)

買取りのハードル

相続した借地権は売却することが可能ですが、そのためにはクリアしなければいけない条件があります。ひとつは地主に関すること、もうひとつは買い手に関することです。このいずれか一方でも欠けてしまえば、借地権を売却したいと望んでいても、その願いは叶えられないことになってしまいます。

家まず地主についてですが、借地権は地主に話を通すことなく自分の判断だけで売却することはできません地主との話し合いで承諾を得ることができなければ、借地権を売却することはできず、地主の承諾を得ずに勝手に売却すれば、契約違反となってしまい、地主による借地権の明け渡し請求が行なわれることになってしまいます。また、承諾もすんなり得ることができるとは限らず、断固として拒否を貫く地主も多いです。

次に買い手についてですが、業者に買取りを依頼する方は多いです。しかし、売却を承諾しない地主が多いのと同じく、買取りに応じてくれる業者は決して多くはありません。地主が売却に応じない場合は裁判で裁判所による承諾を得る手段もありますが、この裁判は買い手が出てきている状態でなければ起こすことができないという問題があります。

地主の問題と買い手の問題はリンクしていて、借地権の売却を断念させる原因にもなっています。ただ、借地権・底地取扱店によっては、積極的に買取りを行なっているところもあります。当サイトでは相続した借地権の売却を検討している方のため、借地権・底地取扱店の選び方についてポイントをまとめていますので、興味のある方はご一読ください。