買取りのハードル

相続した借地権は売却することが可能ですが、そのためにはクリアしなければいけない条件があります。ひとつは地主に関すること、もうひとつは買い手に関することです。このいずれか一方でも欠けてしまえば、借地権を売却したいと望んでいても、その願いは叶えられないことになってしまいます。

家まず地主についてですが、借地権は地主に話を通すことなく自分の判断だけで売却することはできません地主との話し合いで承諾を得ることができなければ、借地権を売却することはできず、地主の承諾を得ずに勝手に売却すれば、契約違反となってしまい、地主による借地権の明け渡し請求が行なわれることになってしまいます。また、承諾もすんなり得ることができるとは限らず、断固として拒否を貫く地主も多いです。

次に買い手についてですが、業者に買取りを依頼する方は多いです。しかし、売却を承諾しない地主が多いのと同じく、買取りに応じてくれる業者は決して多くはありません。地主が売却に応じない場合は裁判で裁判所による承諾を得る手段もありますが、この裁判は買い手が出てきている状態でなければ起こすことができないという問題があります。

地主の問題と買い手の問題はリンクしていて、借地権の売却を断念させる原因にもなっています。ただ、借地権・底地取扱店によっては、積極的に買取りを行なっているところもあります。当サイトでは相続した借地権の売却を検討している方のため、借地権・底地取扱店の選び方についてポイントをまとめていますので、興味のある方はご一読ください。