売却の可否

まず、肝心なのは買取りをしてくれる借地権・底地取扱店であるということです。仮に一社に断られてしまったとしても、諦めることなく売却できる業者を探しましょう。中には買取りのハードルを低くし、積極的に買っているところもあります。

家の老朽化たとえば、買取り条件が厳しいところの場合には、更地の状態にしたうえでなければ購入しないといった具合に、売却希望者にとって負担の大きい条件を設けていることが珍しくありません。これに対し、買取りのハードルが低い業者では、たとえば建物が古かったり傷んだりしていてコンディションが非常に悪いとしても、借家人がまだいるという状態にあっても、その状態のまま購入してくれることがあります。

ただ買取りに応じてくれるだけでなく、現状のまま購入してくれるというのはよい業者選びのポイントのひとつといえるでしょう。そして買ってもらえそうかどうかは、まずは借地権・底地買取店に相談してみることでわかります。その相談についても店舗のほか電話やメールがありますが、無料で行なえる業者もあります。こんな状態では買ってくれないだろうと自分では思っていても、案外買ってくれるということもありますので、気軽に一度相談してみるとよいでしょう。

【関連サイト】
借地権 買取り
(借地権の売買について無料相談できる業者のホームページです)